« 輝く星々・普通は見えない編 | トップページ | 銀塩ではこんな感じ »

2006年2月 5日 (日)

MFレンズ

060205Nikkor135mmDSC_0004 世の中からだんだんと消えていきそうな雰囲気のフィルムカメラ。
マニュアルフォーカス(MF)のレンズも同様である。
でも、このMFレンズ、こと天体写真に関しては非常に使い勝手が良い。
一番良いと思うのは、AFみたいにフォーカスリングに遊びがないため∞がキッチリ出しやすいこと。

060205135mmdsc_0002 NIKONはMFレンズの生産を数機種を残して終了している。
したがって買おうと思うと最終の在庫品を扱っているお店を探すことになる。
このレンズ(AiNikkor135mmF2.8S)も都内の在庫を扱っているお店で購入。
日々、在庫品は売れていっているとのことだった。
D70に使用すると露出計が連動しないためホントのマニュアルでの撮影となるが、普通の撮影ではこの通り開放でいい感じのボケが出てくれた。

天体写真ではどんな写りをしてくれるだろうか?早く試してみたい。

|

« 輝く星々・普通は見えない編 | トップページ | 銀塩ではこんな感じ »

コメント

こうちしゃん♪ おはよん♪
凄いレンズだね~私、余り機材の事
ぜ~ぜん詳しくなくて^^;だはッ
それでよく写真撮ってるでしょ~~(爆)
どちらかというと感性優先モードなもので~^^;
2枚目の写真ホンと、綺麗なボケが出てくれるね!
しかし~レンズはきりがないねッ!
も~レンズは無理なので~
今度は、LOMOをゲットしますよん
同志におせーてもらうよん

blogにコメントありがとう(⌒~⌒)v
こうちしゃんのマクロも楽しみにしてるぞッ

投稿: riko | 2006年2月 6日 (月) 09時07分

>rikoしゃん、おばんです。
ハハハ、実はこのレンズ、135mmF2.8っていうオーソドックスなやつで、望遠の中では一番安いんです。
他の180mmF2.8なんかは高くて…
ちなみに開放でのボケって風景とかポートレイトとかでは重要なファクターだけど天体写真では開放でもどれだけ周辺まできれいに出るかっていう部分もあって必ずしもいいもんではないのです。。

投稿: こうち | 2006年2月 6日 (月) 21時59分

おほほ~♪ 星撮り用レンズ買ったのかぁ。
マニュアルフォーカスは渋いねぇ。
でも星はもちろんMFだもんね。
今度持って行くの?
僕も野鳥用レンズの購入を今考えています。
せめて400mmはほしい。F値は明るいと高いしでっかいので5.6くらいでもいいかなと。
初心者だしねぇ。

投稿: Icchiy | 2006年2月 8日 (水) 21時36分

>icchiyさん、こんばんわ。
そう、このレンズはある程度、星を意識して買いました。
35mm判で約200mm相当になり、ノータッチの追尾の限界かなっていう線です。(ただし短時間)
鳥は難しいですよね。400mmだと35mm判で600mmとかになっちゃいますよね。
キツそう。。

投稿: こうち | 2006年2月 8日 (水) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MFレンズ:

« 輝く星々・普通は見えない編 | トップページ | 銀塩ではこんな感じ »