« 静寂と光と | トップページ | 光害の中で »

2007年2月10日 (土)

モノトーンの重み

020301a 田貫湖から臨む富士山。
モノクロで撮るとフィルム特有の粒状感みたいなものとも相まって独特の重みが出るように思います。
(ちょっとフィルム上のホコリ、キズが目立ってしまいました)


2007/2/3
Nikon FM2 AF35-70mmF2.8
Kodak T-MAX400  Y2Filter

|

« 静寂と光と | トップページ | 光害の中で »

コメント

こうちさん、おばんです♪
この富士!いいですねぇ。
なんともこの粒状感。フィルムならではですな。渋いっす><;
綺麗なグラデーションも魅力ですが、この粒状感も表現として素敵
ですよねぇ。
今度、僕もフィルム使ってみようっと。

投稿: Icchiy | 2007年2月10日 (土) 23時04分

>icchiyさん、こんばんわ。
シブイでしょ(笑)
でも、モノクロは対象を選ぶのが難しいですね。
あと、フィルムでも感じは変るし。。
ちなみに、今回使ったT-MAX400はシャドー部の表現等々賛否両論あるフィルムです。でも自分には細かなことはわかりません。

投稿: こうち | 2007年2月11日 (日) 19時38分

あはは。早速今日町田のヨ●バシでTMAX100を買ってきました。
そそ、ナショナルジオのモノクロの撮り方もあったので同時購入。
この中のモノクロすげぇ~っすね。
でも結構大判や中判の写真が多い。
同じ風景でもモノクロだと何故か深みが出てくる場合もあるので不思議ですなぁ。

投稿: Icchiy | 2007年2月11日 (日) 22時48分

こうちさん、ご無沙汰致しております。
 モノクロ2作品拝見致しました。モノクロもいいですよね。あくまで気分でですが私も時たま使います。
モノクロは濃淡のみで表現するからか、人物や動物などを撮ると面白いなと感じます。それとカラーで写ってしまうとうるさい人工物などを優しく中和してくれたりもするので重宝します。
 そういえば高校時代はトライ-Xの現像で酢酸にまみれながら格闘してました。今はT-MAXが主流なんですね。現在販売されているかはわかりませんが、コダックでカラーネガと同じ現像方法で手軽にモノクロを楽しめるフィルムがあります。やはり本当のモノクロとはちょっと感じが違いますが、手軽に楽しむにはそれも良いかもしれません。

投稿: りょーじん@管理人 | 2007年2月11日 (日) 23時24分

こうちさんお久しぶりです。モノクロ銀塩いいですね~。その場の空気感が醸し出されていますね。私も長い間眠っているFEで撮影してみたいなぁって思いました。

投稿: コーチ | 2007年2月12日 (月) 10時36分

>りょーじんさん、こちらこそ大変ご無沙汰しております。
なんとなく気分で今年はモノクロ写真を少しやってみるかという気になって早速試しに撮ってきた、という富士山です。
月面写真を今までモノクロでやってきましたが、こちらは今年はデジタル一眼(D200)に挑戦しようかと。
ちなみに、ホントはTRI-Xが好みなんですが、今回はT-MAX現像液が余っているというお家の事情でT-MAX400を使いました。
ポリシーないですね(笑)

投稿: こうち | 2007年2月12日 (月) 19時51分

>コーチさん、こんばんわ。
天ガの2月号入選等あいかわらずの素晴らしい写真、楽しませていただいています。
モノクロの銀塩は、撮ってる時になんとなく時間を忘れさせてくれるような気がします。
本当は天体写真をバリバリ撮りに行きたいのですがどうも年明けから仕事との折り合いがうまくつけられず、せっかく改造したD70も使えずストレス溜まってます(笑)
今週末も天気わるそうだし(シュン)

投稿: こうち | 2007年2月12日 (月) 19時56分

>icchiyさん、まいど。
ナショナルジオグラフィックのモノクロ編は私も買いましたよ!!
T-MAX100ですか?うーん、好みはそれぞれですが自分なら100アクロスだなぁ。
でもいろいろ試すとおもしろいですよね。
ちなみに、T-MAXは現像出すと少し高いんじゃなかったでしたっけ?

投稿: こうち | 2007年2月12日 (月) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/13860192

この記事へのトラックバック一覧です: モノトーンの重み:

« 静寂と光と | トップページ | 光害の中で »