« モノトーンの重み | トップページ | 画像処理あれこれ »

2007年2月14日 (水)

光害の中で

20070211rgb 今回の3連休は仕事に行かなければならなかったりで好天にもかかわらず遠征に行けませんでした。
しかたなく自宅から赤外カットフィルターを改造したデジカメとR64フィルターの組み合わせでどの程度写るのかを試してみました。
元画像は真っ赤なのでモノクロに変換しましたが、思ったよりちゃんと写っているような気が…

2007/2/11 21:21:14~ 360sec*6
Nikon D70(IR改造) 135mm F2.8→4
R64Filter  ISO800

|

« モノトーンの重み | トップページ | 画像処理あれこれ »

コメント

こうちさん、こんにちは。

都会でも写るものですね、オリオン大星雲や馬頭星雲。
R64はHα透過率が他の光害カットフィルターに比べて低めですが、逆に光害はかなりカットできるので、モノクロ前提ならばリーズナブルで結構使えますよね。

投稿: りょーじん@管理人 | 2007年2月15日 (木) 12時29分

こんばんは。オリオンの散光星雲がよく写っていますね!私もこの135mmを持っているのですが、ハロがでてカラーの天体写真には不向きなので、R64でモノクロにするとシャープになっていますね。
透明度抜群の日などに自宅で撮影されたらビックリするような画像になるのでは?

投稿: コーチ | 2007年2月15日 (木) 20時01分

>りょーじんさん、こんばんわ。
確かにR64フィルターは対光害には効果大ですね。(値段も安いし)
でも、この写真は自宅の庭先で撮りましたが、すぐ横に街灯のついた電柱があってどう画像処理してもバックのカブリはこの程度にしか抑えられませんでした。
やっぱり、もう少し光害の少ない所に行きたいですね。

投稿: こうち | 2007年2月16日 (金) 20時26分

>コーチさん、こんばんわ。
おっしゃる通りこの135mmはけっこうハロが出ます。
MFレンズで無限大が出しやすいのと価格的にもリーズナブルだったのでNIKONが生産打ち切りを発表した後に在庫を探して買ったのに。。
でも、これくらいの焦点距離はAPS-Cフォーマットでは200mm相当なので、ちょとした星雲、星団のクローズアップには良いように思います。
いずれにしても、空の良い所に行きたいですね。

投稿: こうち | 2007年2月16日 (金) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/13909658

この記事へのトラックバック一覧です: 光害の中で:

« モノトーンの重み | トップページ | 画像処理あれこれ »