« 冬の勇者 | トップページ | 冬の海、夕暮れ »

2007年12月14日 (金)

二重星団とIC1805

Dsc_000409a2rdkペルセウス座の二重星団と赤い散光星雲IC1805です。
本当はもう少し西にある星雲IC1848も写野に入れるつもりだったのですが、ミスってこれだけに…
肉眼では見えない星雲を写し出せるのが天体写真の醍醐味ですが、それゆえに構図でこういうミスも出てしまいます。
また、こういう淡い星雲は画像処理も非常に難しいものがあります。

2007/12/8 19:16:09~ 8min*6
nikon D70(改)+Ai-s 135mmF2.8→4 ISO800
天城高原

|

« 冬の勇者 | トップページ | 冬の海、夕暮れ »

コメント

いや~、僕も以前は手動で導入していましたが、この散光星雲は指標になるような明るい星の少ない領域で、入れるのが難しいですよ。半分しか入っていなかったり、間の部分を撮っていたり・・自動導入していてもアライメントがうまく行かないときはそんな失敗は多いです。
少し撮って大体の位置を見ようと思っても、その少しの露光では出てきませんからね・・なかなかの難物だと思います。^^;

PhotoShopのアクションツールは試されましたか?
画像処理の痒いところに手が届く便利なツールです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2007年12月20日 (木) 00時11分

>ふうまさん、こんばんわ。
こういう淡い対象を撮るのがある意味天体写真の醍醐味ではあると思いますが、ホントにテスト撮影して液晶を見ても写ってるのかどうかわからない(笑)
やっぱり慣れないとダメなんでしょうか?
残念ながらアクションツールはまだ試していません。
そういう新しいアイテムにもどん欲に挑戦しないとダメですね。

投稿: こうち | 2007年12月20日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/17367637

この記事へのトラックバック一覧です: 二重星団とIC1805:

« 冬の勇者 | トップページ | 冬の海、夕暮れ »