« KLASSEで紫陽花 | トップページ | あじさい寺にて »

2014年6月23日 (月)

いつもの番外編

今日は天体写真で。

_mg_0009124_a_1
子持ち銀河 M51  2014/5/31  八千穂高原にて
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.3) EOS kissX2_SEO-SP2 LPS-P2 10min×4 ISO1600
EM200赤道儀+miniBorg50+SSAG+PHD Guidingにて自動追尾

例のごとく、お目当ての撮影対象が昇ってくるまでの待ち時間で撮影した写真です。

255mmの焦点距離ではさすがに迫力ありません。。

ただ拡大してみると銀河の渦巻きの部分もかなり詳細に写っています。せめてフラットナー使用の370mmで撮ればよかったか…

ところで、この写真を拡大すると、黒いツブツブがかなり写り込んでいます。

高感度、長時間露出によるノイズ?それとも画像処理時の変換にともなう何か??

いずれにしても、あまり気持ちの良いものではありません。

|

« KLASSEで紫陽花 | トップページ | あじさい寺にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/59860194

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの番外編:

« KLASSEで紫陽花 | トップページ | あじさい寺にて »