« カシオペア座の散光星雲 | トップページ | またまた銀塩で星座を »

2014年11月 5日 (水)

ぎょしゃ座の星雲、星団

Img_0033a38a6_1_2_a
IC405、410、M38(ぎょしゃ座) 2014/10/25~26 八千穂高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2)+kissX6i SEO-SP4  LPS-P2フィルター 12min×6 ISO1600
EM200USD3赤道儀+miniBorg50+ssag+PHD Guidingにて自動追尾
RAP2、PhotoshopCC、ステライメージ7にて画像処理

先週の八千穂遠征で撮影した写真、最後の一枚です。

今回の遠征は通常の撮影を楽しむと同時にLPS-P2フィルターあり、なしでの周辺画像(特にカラーバランス)の違いの確認も目的としていました。

やはり、この写真でも画像の端のほうはシアン系の色が濃い発色となっていました。

先にアップしたカシオペア座の星雲の写真とほぼ同じ傾向にあることからフィルターへの光の入射角に起因しているのでは、と推測されます。

まあ、そのへんをごまかす?ため、この写真もフォトショップのトリミング機能を使っています。

とは言ってもこれだけ星雲が写ってくれるとやっぱりフィルターのおかげか?と言いたくなりますね。

|

« カシオペア座の散光星雲 | トップページ | またまた銀塩で星座を »

コメント

こうちさん、こんばんは。

当日、カメラのモニタでも見せていただきましたが、とても良い感じですね。
星団まで収まっている点も、華やかで良いと思います。
僕も毎年撮影している対象なのですが、どうも上手くいかない鬼門とも言えるエリアです(^^;
こうちさんの画像を参考に、何とか今シーズンは上手く撮りたいです。

投稿: tachi | 2014年11月 6日 (木) 19時22分

>tachiさん、こんばんわ♪
私もここ2~3年、毎年撮っているのですが、今回は望外のデキのような気がします。
この日の空、実はかなり良い空だったのかもしれないですね。
今月の新月期はもう八千穂はスキー場の準備でダメでしょうか?もう一回くらい大丈夫なら行きたいところです。

投稿: こうち | 2014年11月 6日 (木) 22時10分

こうちさん、tachiさん、
こんにちは。勾玉星雲はそれなりに明るいですが、綺麗に仕上げるのは結構難しいイメージがありますよね。今月、来月が狙い時ですから好天に恵まれてほしいものです。

こうちさん、
LPS-P2ですが、タカハシの望遠鏡だとどこかに52mmのフィルターが取り付けられるのではないでしょうか。そちらを試されるのがいいかもしれませんね。

投稿: TK_Starlight | 2014年11月 8日 (土) 13時51分

>TK_Starlightさん、こんにちわ♪
おっしゃる通り、この勾玉周辺の領域は淡い星雲もあって色のバランスを整えつつ淡い部分も出して、などど言っていると迷路にはまってしまうような感じになりますね。
LPS-P2は私の使っているFS60CBだとレンズの前に62mmのフィルターがつけられます。他のシリーズのような48mmのフィルターはどうやらつかないみたいです。
対物レンズの前って、それはそれで何か影響があるのではないでしょうか?

投稿: こうち | 2014年11月 8日 (土) 17時36分

こうちさん、TK_Starlightさん、こんばんは。
IC405・410の両星雲も綺麗に出したいのはもちろんですが、その間にある恒星の色なんかも綺麗に出したい!なんて思ってしまいます。
今度撮る時は、やっぱりこうちさんのようにM38も入れたいですね。
月が大きい時期は、撮影出来ないつまらなさはありますが、次回に向けての計画など楽しかったりしますね。

こうちさん、対物レンズの前にフィルターを入れると、ゴーストが出そうな気もします。

投稿: tachi | 2014年11月 8日 (土) 18時13分

恒星の色は反射のほうが出やすいような気がします。屈折でもFSQのような色収差が少ないものならいいのかもしれませんが、私の持っているものだと厳しいです。星の色を出したいのは大抵は青と黄色なので、私がよくやる処理は、Labモードにして星を選択してbチャンネルをトーンカーブで強調します。bチャンネルはセンター(128,128)がグレーでそれより右側が黄色、左側が青色になるので、センターに点を一つ打って固定した状態で左側はマイナス側に、右側はプラス側にふれば星の青と黄色が強調されます。

私も今日は星図ソフトを見ながらあれこれ考えていました。来週末も夜半までなら撮影可能ですしね。

対物レンズの前にフィルターはなにか良くなさそうな気がします。。スターベースのHPを見ると、カメラ回転装置に52mmが取り付けられるような記述がありますがどうなんでしょう。

カメラのレボルビング(回転)を容易にするアクセサリーです。タカハシの回転装置はガタも無く大変スムーズに回転する事で定評があります。快適な撮影環境が得られる便利アクセサリーです。
回転装置の出口部分内側に52mmのフィルターネジが切ってあり、LPS-P2などの枠が薄めのフィルターが装着できます。ゴーストの発生に気を付けていただきながらご活用ください。

投稿: TK_Starlight | 2014年11月 8日 (土) 18時45分

>tachiさん、TK_Starlightさん、こんばんわ♪
おふたりの書き込みは参考になるネタがいっぱいですね~。
つい今しがたTK_Starlightさんが教えてくれた回転装置の出口部、確認しました。
通常のカメラ用フィルターで試したせいか、残念ながら52mmのフィルターは装着できますがレデューサーがネジ込めなくなってしまいました。
フィルター枠が薄くないとダメなようです。

投稿: こうち | 2014年11月 8日 (土) 20時22分

TK_Starlightさん
なるほど、そのようなやり方もあるんですね。
星の色に関しては、けっこう諦めてしまう部分もあったので、今度やってみます。
ありがとうございます!

こうちさん
八千穂ですけど、リエックスのスキー場は例年通り12月初旬オープンみたいですが、上のスキー場は今月29日オープンと、例年より早いようです。
となると、両方で降雪機が稼働しそうなので、今度の新月期は影響が出そうな気もします。
レイクの方は影響が無さそうなので、そちらを使う手もありますね。
15日に晴れれば行ってみるつもりです。

投稿: tachi | 2014年11月 8日 (土) 20時45分

フィルターの取り付けですが、タカハシのDX-WRというワイドマウントなら52㎜のフィルターが付くと思いますが、どうなんでしょう。
的外れな事を言ってたらごめんなさい。

投稿: tachi | 2014年11月 8日 (土) 21時00分

>tachiさん、こんばんわ♪
フィルターの取付け、もう少しいろいろと確認してみます。
FS60CBはFSQやFSAなどに比べるとあまり応用が利かないみたいです。。

投稿: こうち | 2014年11月 8日 (土) 21時17分

レデューサーの取り付けが52㎜でしたね。
相変わらずトンチンカンで、すみません。

投稿: tachi | 2014年11月 8日 (土) 21時17分

>tachiさん、こんばんわ♪
遅レスで申し訳ございません。
トンチンカンなんてとんでもない。私なんか全然システムを理解できていないですから。。
ところで、八千穂レイクってそばにスキー場があったような気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?
情報ご存知でしたらまた教えてください!

投稿: こうち | 2014年11月11日 (火) 21時05分

こうちさん、こんばんは。
スキー場は、レストハウス(ふるさと)から少し下った所にあるので、近いといえば近いですね。
レイクが風下に当たれば、少なからず影響は出ると思いますが、いつもの場所がリエックスからの影響を受けるよりは確率は少ないと思います。
ただ、いつもの場所からそれほど距離が無いのに、レイクの方は雲が出やすいような印象です。
機材のセッティングが終わってから、降雪機の影響が・・・なんて事は避けたいですから、ちょっと悩みますね。
標高は下がりますが、松原湖周辺でも出来そうな気がするので、行ってみたいところですけど。

投稿: tachi | 2014年11月11日 (火) 23時36分

>tachiさん、こんばんわ♪
2週間もかかっての遅レスで申し訳ありません。
この土日で八千穂に行ってきました。降雪機が動いていたらどうしよう…と思いつつ行ったのですが、良そうに反して機械は稼動していませんでした。(昼間暖かかったから??)
スキー場の準備ってどういうタイミングで動くのか?よくわからないですね。

投稿: こうち | 2014年11月25日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/60604717

この記事へのトラックバック一覧です: ぎょしゃ座の星雲、星団:

« カシオペア座の散光星雲 | トップページ | またまた銀塩で星座を »