« ぎょしゃ座の星雲、星団 | トップページ | 紅葉と雨の組合せ »

2014年11月 8日 (土)

またまた銀塩で星座を

10259img003_a
北天日周  2014/10/25  八千穂高原
Mamiya7Ⅱ+MamiyaN80mmF4L F5.6 40min Fujichrome PROVIA400X

10月末の八千穂遠征でも、その前の月と同様、主力機材でのガイド撮影の合間に銀塩で星座(星景)写真を撮ってきました。

まずは、北極星を中心とした日周運動を。露出を40分で切り上げていますが、もっと長い時間やっても良いかもしれないですね。

10257img002_a
昇るオリオン 2014/10/25  八千穂高原
Mamiya7Ⅱ+MamiyaN80mmF4L F5.6 15min Fujichrome PROVIA400X

定番のオリオン座。前回、10分露出で撮影したところ、前景の木立があまり浮き上がらず、星が昇ってくる感じが薄くなってしまったので、今回は15分露出としました。

102613img005_a_2
昇るおお犬座 2014/10/25  八千穂高原
Mamiya7Ⅱ+MamiyaN80mmF4L F5.6 20min Fujichrome PROVIA400X

こちらはオリオンの足元に位置するおお犬座。

蓼科で撮るとこの星座がちょうど蓼科山の上を走っているように写るのですが、この撮影地では山(ここなら八ヶ岳)は見えません。

実はこの日、久しぶりにガイド撮影も銀塩でやってみました。その写真はまた改めてアップします。


|

« ぎょしゃ座の星雲、星団 | トップページ | 紅葉と雨の組合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/60619938

この記事へのトラックバック一覧です: またまた銀塩で星座を:

« ぎょしゃ座の星雲、星団 | トップページ | 紅葉と雨の組合せ »