« 雨のみずがき湖 | トップページ | ぎょしゃ座の星雲、星団 »

2014年11月 3日 (月)

カシオペア座の散光星雲

Img_0024a29a6rdk_1_1b
IC1805(カシオペア座) 2014/10/25 八千穂高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2)+kissX6i SEO-SP4 LPS-P2フィルター 12min×6 ISO1600
EM299USD3赤道儀+miniBorg50+SSAG+PHD Guidingにて自動追尾
RAP2、PhotoshopCC、ステライメージ7にて画像処理

先週の遠征で撮影した写真の画像処理の続きを少しずつ進めています。(やっと着手。。)

まずはカシオペア座の散光星雲IC1805から。

赤いガス一色、という感じの星雲だとLPS-P2の効果的面です。西側に位置するIC1848も半分くらい写っていますが、これまで同じ画角に入れようとするとかなり窮屈な感じとなりそうなので潔く?IC1805を中心にすえました。

ただ、この光学系でFFフィルターありだと光の入射角の関係で周辺のカラーバランスが崩れます。

しかたがないので、今回は画像処理で少しカラーバランスを修正した後に周辺をトリミングしました。(安易な方法に走ってしまいました…)

|

« 雨のみずがき湖 | トップページ | ぎょしゃ座の星雲、星団 »

コメント

こうちさん、

こんばんは。赤い星雲がよく出ていますね。LPS-P2の効果がよくわかります。LPS-P2はずっとFFをお使いでしたでしょうか?FFだとおっしゃるとおり入射角の問題が出るのであまり良いイメージがないもので。。

投稿: TK_Starlight | 2014年11月 4日 (火) 00時18分

>TK_Starlightさん、こんばんわ♪
LPS-P2、FFです。。どうやらFS60CB+0.72レデューサーの組み合わせの255mmくらいだと入射角の問題が出るようですね。
次回の遠征ではフラットナーを使っての370mmでどうか?を試してみようと思います。が、FS60のフラットナーは今イチ、シャープではないんですよね…

投稿: こうち | 2014年11月 4日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/60593856

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペア座の散光星雲:

« 雨のみずがき湖 | トップページ | ぎょしゃ座の星雲、星団 »