« 日常風景 | トップページ | 夜空を飛ぶわし »

2016年1月15日 (金)

星は昴

Img_0008169_c_1
M45 プレアデス星団  2016/1/9 賀茂郡西伊豆町
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2)+kissX6i SEO-SP4 ISO3200 6min×9 LPS-P2フィルター使用
EM200USD赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingで自動追尾
RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

星は昴… と枕草子にも登場するプレアデス星団。平安時代にも今と同じように見えていたのでしょうか?

肉眼でも星の集まりがわかるこの星団。明るいので写真写りもよいのですが、星のまわりの淡いガス雲を浮かび上がらせようとすると星そのものが飽和してしまって処理が難しい対象です。

今回はカメラの感度をISO3200にしてみましたが、ちょっとノイズが多いようです。やはりAPS-Cフォーマットで3200はやや無理があるのかもしれません。

|

« 日常風景 | トップページ | 夜空を飛ぶわし »

コメント

こんにちは。
淡いところまでしっかり写りこんでいますね。
デジタルの時代、このくらい簡単に・・・ん?写ってない・・・なんてことが多々あるこの対象ですから、しっかり写りこんでいて本当に良かったと思います。
ノイズが多いとのことですが、コンポジット枚数をもっと増やして見たらいかがでしょうか?
条件は全く異なりますが、先日の撮影で、ISO3200での撮影を初めてしました。単体は確かにノイズが多いのですが、16枚コンポジットすることでかなりなめらかになりました。
露出を短くすることは急な天候不順やガイド精度、シンチレーションの影響等を考えるとメリットがあると思います。
私個人としてはISO3200で撮れるカメラでは今後共3200で撮っていこうと思っています。

投稿: ryojin | 2016年1月16日 (土) 11時59分

>ryojinさん、こんにちわ♪
ISO3200でコンポ枚数を増やす、という選択肢はありかと思いますが、冬場(今回は-1℃)でということを考えると夏場は厳しいかなと。
あとはモザイク合成を考えるとコンポ枚数を増やすとトータルの時間も厳しくなりますからねぇ。
悩みどころですね。

投稿: こうち | 2016年1月16日 (土) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/63071284

この記事へのトラックバック一覧です: 星は昴:

« 日常風景 | トップページ | 夜空を飛ぶわし »