« 星は昴 | トップページ | 彗星は薄雲の中 »

2016年1月16日 (土)

夜空を飛ぶわし

Img_00435210_a_1
IC2177 わし星雲  2016/1/10  賀茂郡西伊豆町
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) kissX6i SEO-SP4 ISO1600 10min×10 LPS-P2フィルター使用
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡 SSAG PHD Guidingにて自動追尾
RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

IC2177、わし星雲と呼ばれている星雲です。先週末の遠征でなんとか雲の被害を受けず撮影できたものです。

こちらは感度はISO1600、そのぶん露出を一枚あたり10分としました。

実は昨年10月の遠征からレデューサー使用時の星像の改善を目的としたスペーサーをカメラ接続のマウントに入れるようにしているのですが、どうも星像は改善方向ではあるものの微光星の周辺に赤く色収差のような滲みが出るような気がします。
したがって、なんとなく全体的に赤みがかって見える、という感じです。

11月の遠征ではスペーサーをはずして撮影しましたが、ここまでの赤い収差滲みは出ていないように思います。

もしかしたら、スペーサーを入れることによりある波長の光だけ微妙にピントがずれる、というようなことが出ているかもしれないですね。

|

« 星は昴 | トップページ | 彗星は薄雲の中 »

コメント

こんばんは。
これはとてもよく写ってますね。とても綺麗だと思います。
スペーサーの件はなかなか難しいところですね。
前に書かせていただいたかとは思いますが、カラーを一時的にLabカラーにして、a画像だけダスト&スクラッチを軽くかけて元のRGBに戻すと赤の滲みはだいぶ改善されると思います。
ぜひお試しください。

投稿: ryojin | 2016年1月16日 (土) 22時01分

>ryojinさん、こんばんわ♪
う~ん、画像処理で対策ですか。
自分としては一番の解決策はスペーサーなしに戻すことかと思っています。
星像も大幅にダメというわけではないので。

投稿: こうち | 2016年1月17日 (日) 21時53分

こんにちは。
周辺星像が許容範囲ならスペーサー無しがよいでしょうね。
この画像処理は古い望遠鏡を使ってる人用なのかもしれません。私も教わった口なので。
今後はさておき、この作品に関してはせっかくここまで写ってるのですから、画像処理でより完璧にされることをオススメいたします。

投稿: ryojin | 2016年1月18日 (月) 08時04分

>ryojinさん、こんばんわ♪
画像処理、今度の週末に挑戦してみます!

投稿: こうち | 2016年1月19日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/63075464

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空を飛ぶわし:

« 星は昴 | トップページ | 彗星は薄雲の中 »