« チューリップがいっぱい | トップページ | 天の川 »

2017年5月14日 (日)

彼岸花と出目金

彼岸花と出目金、と言われても何??という感じかと思いますが、いずれもこの写真に写っている星雲の呼称です。

左側が彼岸花星雲と呼ばれるNGC6357、右が出目金星雲と呼ばれるNGC6334、よ~く見るとそんな感じに見えてくるような、こないような…

GW遠征のクローズアップ写真、最後の一枚です。

Dsc_0043486a_1
彼岸花星雲と出目金星雲 2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×6(総露出 24min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

薄明が始まってしまったため6枚しかコンポ枚数をかせげませんでした。右下部分が光害の影響かカブってはいますが、低空の対象のわりにはよく写ってくれました。
やはり乗鞍の空ならではでしょうか。

今回の遠征では南天の低いところにある対象を撮影しました。

次回はもう少し北にある対象を撮りたいと思っています。

|

« チューリップがいっぱい | トップページ | 天の川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137309/65278454

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花と出目金:

« チューリップがいっぱい | トップページ | 天の川 »