« みなみの桜と菜の花まつり から | トップページ | さそり座 アンタレスの周囲は »

2020年3月 1日 (日)

しし座の銀河団から

先週の南伊豆、天体写真撮影遠征から、やっと一枚完成です。と言っても今回、メインの機材で撮影したのは2対象のみですが…

Dsc_0008125_a
系外星雲 M65,66,NGC3628  2020/2/23 南伊豆町
 FSQ85ED(D:85mm f:450mm)+Nikon D810A F5.3 ISO3200 5min×5
 EM200Temma2Z赤道儀 50m f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2にて自動追尾
 RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

こういう対象を撮影するには焦点距離がやや短く、物足りない感じなので、画像はトリミングしています。
3つの系外星雲、三角形の頂点に位置するのがNGC3628、右下がM65、左下がM66です。しし座やおとめ座といった春の星座にはこうした銀河がたくさんあり、望遠鏡を向ける場所によってはかなりたくさんの銀河を写すことができます。

ちょっと残念なのは強風のためか、極軸合わせが不十分だったのか星が若干流れていることです。自動導入がいまひとつだったことを考えると極軸合わせが原因かもしれません。

 

|

« みなみの桜と菜の花まつり から | トップページ | さそり座 アンタレスの周囲は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みなみの桜と菜の花まつり から | トップページ | さそり座 アンタレスの周囲は »