« 紫陽花いろいろ ミラーレス一眼編 | トップページ | 紫陽花いろいろ 赤い花編 »

2021年6月30日 (水)

紫陽花いろいろ 古いコンパクトカメラ編

紫陽花いろいろシリーズ?の続きです。1974年デビューのコンパクトカメラで撮影しました。

062009fh000009
OLYMPUS 35ED  フジフィルム業務用100 2021/6/20 高幡不動

ピントは若干甘いですが、なかなかよく写ります。40年以上前のカメラとは思えません。

このカメラ、父親が買ってくれたもので、昨年まで本棚の一角に飾って(置いてあった)ものです。最初の緊急事態宣言時に何の気なしにさわって、最初はシャッターが切れず、こりゃダメだね…と諦めかけたのですが、ネット動画でいろいろ調べ、電池が切れているだけなのでは?と思い電池を交換。と言ってももともと使うようになっていた電池はとっくの昔に生産終了。現行の電池で代用という形で交換を行ったところ、なんとちゃんとシャッターが切れる!ということで昨年も紫陽花のシーズンにフィルム1本だけ撮影。それ以来の復活後2回目の撮影でした。

それにしても親父、よくこれを残しておいたよな、というのが正直な感想。他界して7年たちましたが、フィルム一眼レフ3台も残してくれていて、それぞれで楽しめて…ありがたいことです。やはり親には感謝、です。

|

« 紫陽花いろいろ ミラーレス一眼編 | トップページ | 紫陽花いろいろ 赤い花編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫陽花いろいろ ミラーレス一眼編 | トップページ | 紫陽花いろいろ 赤い花編 »