« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月30日 (土)

木星

昨晩の木星です。

20_31_48_a
木星  2023/12/29
μ-180(D:180mm f:2160mm)+LV24mm ZWO ASI290MC Gain:220 Exp.:11.5ms
804fをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理 Photoshopで画像処理

この時期にしてはかなり気流の状態が良かったようで、眼視でも模様がよく見えて楽しく観望できました。

| | コメント (0)

2023年12月24日 (日)

紅葉の写真に戻ります

今年も早いもので残すところあと1週間。仕事のストレスで体調がすぐれない日が多く、以前のように計画的にどこかに撮影に出る、ということがあまりできなかった1年でした。朝、起きて今日の調子は…みたいな感じで。来年はそんなことなく以前のように月に2回くらいは計画的に遠征に出ることができるようになりたいものです。(特に天体写真は新月期でないと撮影に行けないので…)

今日は12月の初めに近場で撮影した紅葉で。

Dsc_0088_20231224170701
Nikon Z6Ⅱ+AF-S NIKKOR70-200mm f/4G ED VR  2023/12/2 高幡不動

もう一枚。

Dsc_0089_20231224170901
Nikon Z6Ⅱ+AF-S NIKKOR70-200mm f/4G ED VR  2023/12/2 高幡不動

赤と緑の比率がちょうど反転したような2枚です。

 

| | コメント (0)

2023年12月23日 (土)

木星と月の接近

昨晩、帰宅時にずいぶんと木星と月が近づいているな、と思い、帰宅後ベランダで撮影しました。
この写真を撮影したのは22時22分。天文雑誌の12月のトピックで紹介されていましたが、最接近は22時5分だったようです。偶然にもかなり最接近に近い時間での撮影となりました。

20231222_dsc_0010
木星と月の接近 2023/12/22  22h22m25s
Nikon D810A+AF NIKKOR70-300mm f/4-5.6D ED 300mm F6.3 1/100sec ISO400 DXクロップ

肉眼では木星はもっと明るく見えた印象ですが、写真ではポツッとした点ですね… カメラのライブビューで倍率を上げるとちゃんと4大衛星が見えたのですが。

 

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

真っ赤なもみじ

月初めに撮影してきていたものの、天体写真の画像処理でアタフタしていて手がつかなかった紅葉の風景。やっと一枚仕上げました。と言ってもほぼ撮って出しですが…

Dsc_0064_20231216181701
Nikon Z6Ⅱ+AF-S NIKKOR70-200mm f/4G ED VR  2023/12/2 高幡不動

ここのところ毎年行っているお不動様、早朝の紅葉撮影です。

| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

オリオン座

タイトルそのまま。ストレートにオリオン座を撮ってきました。

Dsc_0047548_20231211222101
オリオン座 2023/11/19 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G F4.5 120sec×8(総露出 16min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

画像処理の上手な人ならもっと星雲、ガス雲をウネウネと浮き立たせた写真にできるのでしょうが…
これでも自分の中では上出来な写真です。

 

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

ペルセウス座の天の川

ペルセウス座、というと夏の流星群が有名な星座です。そのペルセウス座を流れる天の川をAPS-Cサイズのセンサーに20mm広角レンズで撮影しました。

Dsc_0012174
ペルセウス座の天の川 2023/11/18 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×4(総露出 8min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

ペルセウス座、と言いつつ、南側にはおうし座のプレアデス、ヒアデス両星団も写っています。フルサイズ換算で30mmでもけっこう広範囲をカバーしています。

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

オリオン座の星雲

今日も135mmの望遠レンズで撮影した星空の写真を。

Dsc_00627311
オリオン座の星雲 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D810A+SAMYANG 135mm F2.0ED UMC F4.5 150sec×11(総露出 27分30秒) ISO3200
Kenko スターリーナイト使用 EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

冬の定番、オリオン座の星雲です。オリオン大星雲に馬頭星雲、バーナードループなどなどいろいろな星雲、ガス雲が点在している領域です。

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

バラ星雲~コーン星雲

2週間前の遠征では、久しぶりに写真用の望遠レンズを使っての撮影にも挑戦しました。

バッテリーのヘタりで自動導入がうまく機能しなかったため、天体望遠鏡での撮影を諦めざるをえなかったという事情はありましたが、望遠レンズでの撮影なんて、以前に所有していたニコンのMFの180mm以来。構図決めが今ひとつうまくいかなかったものの、なかなかよく写ってて一安心。今後も、望遠レンズ撮影、機会を見つけてやっていきたいと思います。

Dsc_00506112
バラ星雲~コーン星雲 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D810A+SAMYANG 135mm F2.0ED UMC F4.5 150sec×12(総露出 30min) ISO3200
Kenko スターリーナイト使用  EM200Temma2Z 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

このSAMYANGのレンズ、雑誌でも優秀、と書かれていましたが実際、かなり高性能ですね。星像もキリっとしてるし、色収差もないしコスパの高いいいレンズです。
なお、今後はガイド鏡も含めた赤道儀への取付け方法を少し検討しないといけないかと思っています。1コマあたり150秒で総露出30分にもかかわらず、搭載バランスのせいかけっこう一枚一枚でのズレがあったので…(450mmの鏡筒を使ったときよりはるかにズレが大きい…)

| | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »