« 春のディープスカイ | トップページ | マルカリアンの銀河鎖 »

2024年3月23日 (土)

冬の二重星団

二重星団と言えば秋のペルセウス座、というイメージがありますが、冬の星座の中にもこんな二重星団があります。

Dsc_0009168
冬の二重星団 M46,47  2024/3/9
FSQ85ED(D:85mm f:450mm)+Nikon D810A F5.3 300sec×8(総露出:40min) ISO3200
QBPフィルター使用 EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2にて自動追尾

おおいぬ座の南東、とも座にあるM46,47です。ペルセウス座の二重星団と比較すると左側(東側)のM46は星は密集しているものの暗い星が多く、右側のM47は星がまばらなでやや地味な印象を受けます。でもM46の中には惑星状星雲のNGC2438(星団の上のほうに明るい星のように写っているものです)が重なって見えたりしてなかなか個性的な星団です。

ちなみに、この対象を撮影するのは今回が初めて。もう少し焦点距離が長いとよかったかもしれません。

|

« 春のディープスカイ | トップページ | マルカリアンの銀河鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のディープスカイ | トップページ | マルカリアンの銀河鎖 »