2024年2月 4日 (日)

固定撮影でオリオン座を撮る

天体写真を初めて撮ったのは今を去ること45年ほど前になるでしょうか?小学生の高学年だった私は父親のカメラ、オリンパスOM-1を借りて家の玄関前で東の空に昇ってきたオリオン座を撮りました。レンズはZUIKO50mm F1.4。フィルムはたしかトライXだったかと。その当時は住宅があるとは言え、夜の空は今とは比較にならないくらい暗かったと思います。現像が終わってDPE点から写真を持ち帰り、初めて見たオリオン座の写真にはいたく感動した記憶があります。

今はデジタルカメラで高感度性能も向上し、星を点像に撮影するのもそれほど難しくなくなり、天体写真を始める人も固定撮影から、という感じではなくなってしまったんでしょうね。

そんな昔の記憶があるせいか、今でも固定撮影の写真がけっこう好きで、撮影に行ったときちょくちょく撮影しています。そんな写真を。

01138img003
沈むオリオン 2024/1/13
Mamiya7Ⅱ+MamiyaN65mm F4L F5.6 25min エクタクロームE100

今さら… と言われてしまうかもしれませんが、銀塩、中判カメラで撮影したものです。冷蔵庫で眠っていたフィルムが賞味期限切れになりそうだったので久しぶりにフィルムで撮影しました。

こちらはデジタル。

Imgp0024
沈むオリオン 2024/1/13
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F5.6 8min ISO400 Kenko スターリーナイト使用

以前はデジカメは星の色があまり出ない、なんて言われていましたが、今ではこの通り。星もカラフルに写ります。

そうなるともうフィルムカメラの出番はなくなるかもしれないですね。ポジフィルムの原版の色の綺麗さは見たことのない人にはわからないかもしれませんが、ここのところのフィルム代の高騰はすさまじく、現像代も高騰。数年前なら5本セットのパッケージの値段がいまではフィルム1本の値段。現像代も以前の3倍くらいになっているのではないでしょうか。
67判で撮れる枚数が10枚。コスパを考えると… 冷蔵庫に保管しているフィルムを一通り使いきるまでは、と思いますが、その先は考えどころですね。

| | コメント (2)

2024年1月25日 (木)

冬の大三角

オリオン座のベテルギウス、小犬座のプロキオン、おおいぬ座のシリウスの三つの星で構成される冬の大三角です。

Imgp001214a
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4 25sec×3 ISO3200 
Kenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 Sequatorで3コマをコンポジット

まずは、ちょっとわかりにくいですが富士山の上に昇ってきた大三角です。

Imgp0015
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4.5 60sec ISO3200 
Kenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 アストロトレーサーで追尾

こちらはペンタックス独自のアストロトレーサーを使っての撮影。赤道儀を使うのと同じように星がちゃんと点に写ります。

どちらの写真もソフトフィルターを使用しているので、明るい星の色が綺麗に強調されています。

| | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

昇る北斗七星

先週の遠征で撮影してきた写真の画像処理がいつものことながら遅々として進んでいないので、つなぎ、とでも言いますか… 星景写真を一枚。

Dsc_006566
昇る北斗七星 2024/1/13  朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 30sec×2 ISO2000
Koenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 Sequatorで画像を合成

夜半には春の星座、おおぐま座の北斗七星が昇ってきました。

| | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

2024年最初の遠征

昨日から今朝にかけて今年最初の天体写真撮影に行ってきました。行先は朝霧高原。空は若干、明るいものの、片道100km以内という近さが魅力です。
前回11月にも同じ朝霧高原に行きましたが、その時はバッテリーのトラブルによりあまり満足のいく撮影ができなかったのですが、今回はバッテリーも新調し、天気にも恵まれ、バッチリ撮影してこれました。
毎度のことながら画像処理には時間がかかるので、とりあえず星景を一枚アップします。富士山とオリオン座のコラボです。

Imgp0007
昇るオリオンと富士山 2024/1/12 朝霧高原
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4.5 30sec ISO3200 
Kenko スターリーナイト、プロソフトン(A)使用

 

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

半年ぶりの天体写真撮影遠征

昨晩は5月の連休以来、半年ぶりの天体写真撮影の遠征に行ってきました。夜21時くらいから雲がとれて晴れてくる、という予報ではあったものの、正直、半信半疑のダメもとで出発し朝霧高原へ。

結果は予報よりも早い時間から晴れだし、ほぼ一晩中、満天の星、という天気。行って正解でした!

あいかわらず、せっかくの遠征で次はいつになるのやら?ということで複数台のカメラで撮影をしてきました。いつもの通り、メインの機材での写真は画像処理に時間がかかるので、後回し… サブ機の写真からアップします。

Dsc_0008_20221127160601
富士山を昇るオリオン 2022/11/26 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR+Voigtländer COLOR-SKOPAR20mm F3.5SLⅡ F5 25sec ISO2000
Kenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用

オリオンがちょうど富士山の真後ろから昇ってきました。ソフトフィルターのせいもありますが、火星が異様に明るく大きく写っています。

| | コメント (0)

2022年11月18日 (金)

アストロトレーサーを試す

今週の火曜日、いつものように会社から遅めの帰宅となりましたが、ふと空を見上げるとオリオンが昇ってきていました。もうこんな季節か…と思いつつ、せっかくだからとPENTAXのK-70をベランダに出しで撮影してみました。なぜPENTAXか? GPSユニットの新品を購入したので、独自のアストロトレーサー機能を試したかったからです。

20221115_imgp0009
オリオン座  2022/11/16 0h30m27s 
PENTAX K-70+smc DA18-135mm F3.5-5.6ED AL DC  36mm F5.6 60sec ISO400

住宅地での撮影なので露出オーバーにならないよう、ISO感度も低く設定。露出1分で試してみました。結果はこの通り、ほぼほぼ星は点像となっています。レンズの焦点距離は36mm(35mm判換算で54mm)。後日、100mm(35mm判換算で150mm)も試しましたが、それもパソコン画面で拡大しない限りはほぼ点像でした。
本格的な撮影に出て、メイン機材での撮影のかたわらに撮る星景や星座写真には十分使える、という印象。次の遠征の楽しみが増えました。(いつ行けるかわかりませんが…)
キャリブレーションがなかなかうまくいかず、撮影できるまでの時間がかかってしまったこと以外はほぼ満足な結果です。

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

GRⅡで星景写真

相変わらず画像処理のペース上がらず。ノロノロと前進はしていますが…

ということで、今回の遠征で試しに使ってみたGRⅡでの星景写真をアップします。こういう写真なら、「画像処理」というほどの処理はしなくてもどうにかなるので…

R0000023_20220506_000518
昇るサソリと天の川 2022/5/4  八千穂高原
RICHO GRⅡ GR18.3mm F4 25sec ISO1600 Kenko PRO SOFTON(A)使用 

当然のことながら改造機ではないので赤い星雲が強調されることもありませんが、思ったより良く写っています。
GRはマニュアルモードでピントを無限大に固定すると長時間露出が可能となります。この写真は25秒露出なので通常の設定範囲内ですが、レンズが良いせいかなかなかの写りのように思います。

R0000042
いて座~わし座の天の川 2022/5/4  八千穂高原
RICHO GRⅡ GR18.3mm F4 25sec ISO1600 Kenko PRO SOFTON(A)使用 

こちらはいて座の南斗六星からわし座のアルタイルまでの天の川です。これもなかなかの写り。

今回はポラリエに載せてガイド撮影もしてみました。その画像も後日アップしたいと思います。

| | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

昇る冬の大三角

今日は新年の始業日ですが、12月にけっこう休日出勤をしたため、代休をとりました。自動車業界が仕事相手なのですが、まだ休みの会社も多いので問題はなしでしょう。しかも今日は56回目の誕生日です。もう56年も生きてしまいました。社会人になってからも33年。社会人2年目の夏に母親を癌で亡くしましたが、その母が最後まで、「あなたのような人間が普通の民間企業で勤まると思えない…」と心配されましたが、なんとなく人材不足の会社に救われ、半ば惰性で今日にいたりました。まあ、社会に100%アジャストしているかと言えば、決してそうではないと思いますが…

まあ、そんな話はどうでもいいので、今日も遠征で撮りだめた画像から一枚。星景写真です。

D5300dsc_0003
昇る冬の大三角 2022/1/2 朝霧高原
Nikon D5300(HKIR改造)+Voigtländer COLOR-SKOPAR20mm f3.5SLⅡ F5 20sec ISO2000
Kenko PRO SOFTON(A)使用

天体写真用に改造したデジカメを使って20秒の固定撮影。ソフトフィルターを使っているので明るい星がより強調されています。改造機なのでバラ星雲やバーナードループもうっすらと写り、星の色もカラフルです。

| | コメント (0)

2022年1月 3日 (月)

年明け遠征は朝霧高原へ

年明け一発目の遠征に行ってきました。場所は先月に続いて朝霧高原です。

D780dsc_0008
オリオン座と富士山 2022/1/2 朝霧高原
Nikon D780+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G F4 20sec ISO2500 Kenko PRO SOFTON(A)使用

ここは空は若干、明るいのですが、視界がほぼ180°開けていていい撮影地だと思っています。自宅から約1時間半くらいで到着できるのもいいところです。
昨晩は時折、雲がポカンと湧き出る時間帯がありましたが、ほぼ晴れ。冬の夜長?を楽しめました。

 

| | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

冬の星座たち

明るい星が多く、寒く透き通った空気の中でいっそう輝きが増しているかのような冬の星座たち。でもこの時期、はや明け方前には西の空に沈んでいきます。そんな冬の星座をフィルムカメラで撮影しました。

12049img002
沈む冬の大三角 2021/12/4 朝霧高原
Mamiya7Ⅱ+Mamiya N65mm F4L  F5.6 25min フジクロームVelvia100(+1増感)

ベルビアの特徴でやや赤みがかった発色。木立の向こう側に沈んでいく冬の星座たちです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧