2023年12月 9日 (土)

ペルセウス座の天の川

ペルセウス座、というと夏の流星群が有名な星座です。そのペルセウス座を流れる天の川をAPS-Cサイズのセンサーに20mm広角レンズで撮影しました。

Dsc_0012174
ペルセウス座の天の川 2023/11/18 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×4(総露出 8min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

ペルセウス座、と言いつつ、南側にはおうし座のプレアデス、ヒアデス両星団も写っています。フルサイズ換算で30mmでもけっこう広範囲をカバーしています。

| | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

冬の大三角

今日も先週の遠征から。

Dsc0039467
冬の大三角 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D5300(HKIR改造)+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×7(総露出 14min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエにて自動追尾 Photoshop、ステライメージ9で画像処理

オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、小犬座のプロキオンで描かれる冬の大三角を20mmレンズで撮影しました。三角形の真ん中を貫く天の川もしっかり写しだすことができました。ただ、シリウスあたりからの光害カブリを修正するのにかなり手間取りましたが…

 

 

| | コメント (0)

2022年12月24日 (土)

今月の遠征は自粛

今週末は新月期ということで天体写真撮りの遠征を、と考えていましたが、相変わらず仕事で毎日帰りが遅く疲れがたまっている上に、この期に及んで冷蔵庫が故障。まあ20年も使っていたものなので仕方がないと言えばそれまでですが、その買い替えもあり、遠征に出る気分にならず、諦めました…
庭に望遠鏡を出して火星でも撮ろうか、とも思いましたが、寒さがキツく、それも諦め… 年齢のせいか?根性がなくなっています… 

ということで、先月の遠征から未処理だった画像を仕上げてみました。

Dsc_01041118
ペルセウス、おうし、ぎょしゃと火星 2022/11/27  朝霧高原
Nikon D5300 HKIR+AF-S NIKKOR24mm f/1.8G ED F4.5 ISO2000 90sec×8 ポラリエで自動追尾

秋の星座になるペルセウス座からおうし座、ぎょしゃ座にかけての星雲、星団があれこれ写っています。それと天の川も。その中でひときわ明るいのが火星。プレアデスにヒアデス、カリフォルニア星雲といった有名どころ以外にも星団が写っていて、そのナンバーを調べたり、というのも楽しいものです。

| | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

火星は明るい!

まだ11月末に撮影した画像をいじくっています。もう今週末は次の新月期だというのに…

Dsc_0081888
オリオンと冬の天の川 2022/11/27  朝霧高原
NikonD5300 HKIR+AF-S NIKKOR24mm f/1.8G ED F4.5 ISO2000 90sec×8
ポラリエで自動追尾

もう少しオリオンを右(西)に寄せて天の川を多く入れる構図にしないといけないですね…

それにしても火星の明るいこと。アルデバラン(おうし座)、ベテルギウス、リゲル(オリオン座)と3つの1等星が写っていますが、火星のおかげで明るい感じがまったくしません。

 

| | コメント (0)