2024年1月25日 (木)

冬の大三角

オリオン座のベテルギウス、小犬座のプロキオン、おおいぬ座のシリウスの三つの星で構成される冬の大三角です。

Imgp001214a
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4 25sec×3 ISO3200 
Kenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 Sequatorで3コマをコンポジット

まずは、ちょっとわかりにくいですが富士山の上に昇ってきた大三角です。

Imgp0015
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4.5 60sec ISO3200 
Kenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 アストロトレーサーで追尾

こちらはペンタックス独自のアストロトレーサーを使っての撮影。赤道儀を使うのと同じように星がちゃんと点に写ります。

どちらの写真もソフトフィルターを使用しているので、明るい星の色が綺麗に強調されています。

| | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

昇る北斗七星

先週の遠征で撮影してきた写真の画像処理がいつものことながら遅々として進んでいないので、つなぎ、とでも言いますか… 星景写真を一枚。

Dsc_006566
昇る北斗七星 2024/1/13  朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 30sec×2 ISO2000
Koenko PRO SOFTON(A)、スターリーナイト使用 Sequatorで画像を合成

夜半には春の星座、おおぐま座の北斗七星が昇ってきました。

| | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

2024年最初の遠征

昨日から今朝にかけて今年最初の天体写真撮影に行ってきました。行先は朝霧高原。空は若干、明るいものの、片道100km以内という近さが魅力です。
前回11月にも同じ朝霧高原に行きましたが、その時はバッテリーのトラブルによりあまり満足のいく撮影ができなかったのですが、今回はバッテリーも新調し、天気にも恵まれ、バッチリ撮影してこれました。
毎度のことながら画像処理には時間がかかるので、とりあえず星景を一枚アップします。富士山とオリオン座のコラボです。

Imgp0007
昇るオリオンと富士山 2024/1/12 朝霧高原
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F4.5 30sec ISO3200 
Kenko スターリーナイト、プロソフトン(A)使用

 

| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

オリオン座

タイトルそのまま。ストレートにオリオン座を撮ってきました。

Dsc_0047548_20231211222101
オリオン座 2023/11/19 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G F4.5 120sec×8(総露出 16min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

画像処理の上手な人ならもっと星雲、ガス雲をウネウネと浮き立たせた写真にできるのでしょうが…
これでも自分の中では上出来な写真です。

 

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

ペルセウス座の天の川

ペルセウス座、というと夏の流星群が有名な星座です。そのペルセウス座を流れる天の川をAPS-Cサイズのセンサーに20mm広角レンズで撮影しました。

Dsc_0012174
ペルセウス座の天の川 2023/11/18 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×4(総露出 8min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

ペルセウス座、と言いつつ、南側にはおうし座のプレアデス、ヒアデス両星団も写っています。フルサイズ換算で30mmでもけっこう広範囲をカバーしています。

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

オリオン座の星雲

今日も135mmの望遠レンズで撮影した星空の写真を。

Dsc_00627311
オリオン座の星雲 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D810A+SAMYANG 135mm F2.0ED UMC F4.5 150sec×11(総露出 27分30秒) ISO3200
Kenko スターリーナイト使用 EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

冬の定番、オリオン座の星雲です。オリオン大星雲に馬頭星雲、バーナードループなどなどいろいろな星雲、ガス雲が点在している領域です。

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

バラ星雲~コーン星雲

2週間前の遠征では、久しぶりに写真用の望遠レンズを使っての撮影にも挑戦しました。

バッテリーのヘタりで自動導入がうまく機能しなかったため、天体望遠鏡での撮影を諦めざるをえなかったという事情はありましたが、望遠レンズでの撮影なんて、以前に所有していたニコンのMFの180mm以来。構図決めが今ひとつうまくいかなかったものの、なかなかよく写ってて一安心。今後も、望遠レンズ撮影、機会を見つけてやっていきたいと思います。

Dsc_00506112
バラ星雲~コーン星雲 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D810A+SAMYANG 135mm F2.0ED UMC F4.5 150sec×12(総露出 30min) ISO3200
Kenko スターリーナイト使用  EM200Temma2Z 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

このSAMYANGのレンズ、雑誌でも優秀、と書かれていましたが実際、かなり高性能ですね。星像もキリっとしてるし、色収差もないしコスパの高いいいレンズです。
なお、今後はガイド鏡も含めた赤道儀への取付け方法を少し検討しないといけないかと思っています。1コマあたり150秒で総露出30分にもかかわらず、搭載バランスのせいかけっこう一枚一枚でのズレがあったので…(450mmの鏡筒を使ったときよりはるかにズレが大きい…)

| | コメント (0)

2023年11月27日 (月)

冬の大三角

今日も先週の遠征から。

Dsc0039467
冬の大三角 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D5300(HKIR改造)+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×7(総露出 14min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエにて自動追尾 Photoshop、ステライメージ9で画像処理

オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、小犬座のプロキオンで描かれる冬の大三角を20mmレンズで撮影しました。三角形の真ん中を貫く天の川もしっかり写しだすことができました。ただ、シリウスあたりからの光害カブリを修正するのにかなり手間取りましたが…

 

 

| | コメント (0)

2022年12月12日 (月)

冬の星座あれこれ

先月の遠征、冬の夜長?で、けっこうポータブル赤道儀でカメラレンズを使った写真をたくさん撮ってきました。せっかくなのでちょっとずつ紹介していこうと思います。

Dsc_0073808_1
プレアデスとカリフォルニア 2022/11/27  朝霧高原
Nikon D5300 HKIR+AF-S MicroNIKKOR60mm f/2.8G ED F4.5 ISO2000 90sec×8
kenko スターリーナイト使用 ポラリエで自動追尾

ちょっと左によってしまいましたが、ペルセウス座のカリフォルニア星雲とおうし座のM45、プレアデス星団です。ペルセウス座…秋の星座ですね…天体写真の定番的な対象をDXフォーマット+60mmレンズで撮ってみました。

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

オリオン座 昇る

昨日、やっとこさ一枚、メイン機材での写真を仕上げましたが、また次までちょっと時間がかかるので、中継ぎ登板です。

Dsc_0039434
昇るオリオン 2022/11/26 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR+Voigtländer COLOR-SKOPAR28mm F/2.8SLⅡN F4.5 ISO2000 90sec×4
スターリーナイト使用 ポラリエで自動追尾

木立の上に昇ってきたオリオンを追尾撮影しました。露出は一枚あたり90秒の4コマコンポジットです。
撮影自体は8枚しているのですが、この撮影地の宿命と言うか… 途中、車が入ってきて木々を明るく照らされてしまい、そのコマはボツ。残ったのは4枚、ということに。それでもこの写りなら良しとしましょう。

使ったレンズはフォクトレンダーのごくごく普通の仕様のレンズですが、F4.5まで絞ったせいか、なかなかいい写りしています。また、この写真には光害対策のフィルター、ケンコーのスターリーナイトを使っています。画像処理が若干、フィルターなしよりやりやすいような気がしました。

| | コメント (0)