2024年2月 4日 (日)

固定撮影でオリオン座を撮る

天体写真を初めて撮ったのは今を去ること45年ほど前になるでしょうか?小学生の高学年だった私は父親のカメラ、オリンパスOM-1を借りて家の玄関前で東の空に昇ってきたオリオン座を撮りました。レンズはZUIKO50mm F1.4。フィルムはたしかトライXだったかと。その当時は住宅があるとは言え、夜の空は今とは比較にならないくらい暗かったと思います。現像が終わってDPE点から写真を持ち帰り、初めて見たオリオン座の写真にはいたく感動した記憶があります。

今はデジタルカメラで高感度性能も向上し、星を点像に撮影するのもそれほど難しくなくなり、天体写真を始める人も固定撮影から、という感じではなくなってしまったんでしょうね。

そんな昔の記憶があるせいか、今でも固定撮影の写真がけっこう好きで、撮影に行ったときちょくちょく撮影しています。そんな写真を。

01138img003
沈むオリオン 2024/1/13
Mamiya7Ⅱ+MamiyaN65mm F4L F5.6 25min エクタクロームE100

今さら… と言われてしまうかもしれませんが、銀塩、中判カメラで撮影したものです。冷蔵庫で眠っていたフィルムが賞味期限切れになりそうだったので久しぶりにフィルムで撮影しました。

こちらはデジタル。

Imgp0024
沈むオリオン 2024/1/13
PENTAX K-70+HD DA21mm F3.2AL Limited F5.6 8min ISO400 Kenko スターリーナイト使用

以前はデジカメは星の色があまり出ない、なんて言われていましたが、今ではこの通り。星もカラフルに写ります。

そうなるともうフィルムカメラの出番はなくなるかもしれないですね。ポジフィルムの原版の色の綺麗さは見たことのない人にはわからないかもしれませんが、ここのところのフィルム代の高騰はすさまじく、現像代も高騰。数年前なら5本セットのパッケージの値段がいまではフィルム1本の値段。現像代も以前の3倍くらいになっているのではないでしょうか。
67判で撮れる枚数が10枚。コスパを考えると… 冷蔵庫に保管しているフィルムを一通り使いきるまでは、と思いますが、その先は考えどころですね。

| | コメント (2)

2024年2月 3日 (土)

わし星雲

1月遠征の写真、もう一枚。一角獣座のわし星雲です。
わしが羽を広げたように見えるのでこの呼び名がついているようですが、かもめ星雲とも呼ばれています。

Dsc00496472
IC2177 わし星雲 2024/1/13
FSQ85ED(D:85mm f:450mm)+Nikon D810A F5.3 330sec×7×2コマモザイク  ISO3200
QBPフィルター使用  EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

IC2177という番号で通っていますが、シャープレスカタログだと、頭の部分がSh2-282、羽の右側端がSh2-297、右側の羽の手前にポツポツとあるのがSh2-293と295というように細かく分かれています。
今回は左側の羽の先にある刷毛ではいたような星雲も写したくて2コマモザイク合成としました。
この写真では合成の画角上カットしてしまいましたが、左側(東側)の下のほうにNGC2359も写っていました。改めて左側半分の画像を処理してみようかと思っています。

| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

ぎょしゃ座の星雲、星団

遠征から早、2週間。メイン機材での写真、やっと2枚目です。カラフルなぎょしゃ座の星雲、星団です。

Dsc_00023074
ぎょしゃ座の星雲、星団 2024/1/12
FSQ85ED(D:85mm f:450mm)+Nikon D810A F5.3 330sec×7×4モザイク ISO3200
QBPフィルター使用  EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

画面右端のまが玉星雲(IC405)とその隣のIC410、その上に位置するSh2-234までは今までも2コマモザイクで撮影したことがありましたが、今回は思い切って範囲を広げ4コマモザイクに挑戦してみました。

赤い星雲のすぐ脇には散開星団M38。左には同じく散開星団のM36。画面の左上にはSh2-235、232と言った淡い散光星雲が写ってくれています。
フィルターの効果もあるのか?淡い星雲がけっこう写っています。画像処理の上手な人ならもっと星雲をクッキリあぶりだすことができるのでしょうが、自分ではこれが限界…

| | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

クラゲ星雲

先週の遠征で撮影した写真、やっと一枚仕上げました。ふたご座の足元にあるクラゲ星雲周辺の星野です。

Dsc_00354872
IC443 クラゲ星雲~M35 2024/1/12 
FSQ85ED(D:85mm f:450mm)+Nikon D810A F5.3 330sec×7×2モザイク ISO3200
QBPフィルター使用 EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

IC443(クラゲ星雲)から散開星団M35までを2コマモザイク合成してみました。クラゲが頭から毒でも吹いているみたいに見える赤い散光星雲(Sh2-249)、右下にポツンと丸く輝く散光星雲(Sh2-247)、大きなM35の右下にかなり星が密集している散開星団(NGC2158)といろいろ写っていて楽しい領域ですね。

 

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

モザイク合成のテスト

先週末の遠征で撮影した画像のモザイク合成のテストをしてみました。

4コマモザイクですが各画像、代表の1枚のみ、フラットもダークも未処理でとにかく合成がうまくできるのかを試してみました。結果はこれ。

Photo_20240114173701

なんとかなりそうです。

4コマをそれぞれ画像処理して合成して、仕上げの処理をして、といつ終わるのかわかりませんが、頑張ってみます。

| | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

木星

昨晩の木星です。

20_31_48_a
木星  2023/12/29
μ-180(D:180mm f:2160mm)+LV24mm ZWO ASI290MC Gain:220 Exp.:11.5ms
804fをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理 Photoshopで画像処理

この時期にしてはかなり気流の状態が良かったようで、眼視でも模様がよく見えて楽しく観望できました。

| | コメント (0)

2023年12月23日 (土)

木星と月の接近

昨晩、帰宅時にずいぶんと木星と月が近づいているな、と思い、帰宅後ベランダで撮影しました。
この写真を撮影したのは22時22分。天文雑誌の12月のトピックで紹介されていましたが、最接近は22時5分だったようです。偶然にもかなり最接近に近い時間での撮影となりました。

20231222_dsc_0010
木星と月の接近 2023/12/22  22h22m25s
Nikon D810A+AF NIKKOR70-300mm f/4-5.6D ED 300mm F6.3 1/100sec ISO400 DXクロップ

肉眼では木星はもっと明るく見えた印象ですが、写真ではポツッとした点ですね… カメラのライブビューで倍率を上げるとちゃんと4大衛星が見えたのですが。

 

| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

オリオン座

タイトルそのまま。ストレートにオリオン座を撮ってきました。

Dsc_0047548_20231211222101
オリオン座 2023/11/19 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G F4.5 120sec×8(総露出 16min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

画像処理の上手な人ならもっと星雲、ガス雲をウネウネと浮き立たせた写真にできるのでしょうが…
これでも自分の中では上出来な写真です。

 

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

ペルセウス座の天の川

ペルセウス座、というと夏の流星群が有名な星座です。そのペルセウス座を流れる天の川をAPS-Cサイズのセンサーに20mm広角レンズで撮影しました。

Dsc_0012174
ペルセウス座の天の川 2023/11/18 朝霧高原
Nikon D5300 HKIR改造+AF-S NIKKOR20mm f/1.8G ED F4.5 120sec×4(総露出 8min) ISO2000
Kenko スターリーナイト使用  ポラリエで自動追尾

ペルセウス座、と言いつつ、南側にはおうし座のプレアデス、ヒアデス両星団も写っています。フルサイズ換算で30mmでもけっこう広範囲をカバーしています。

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

オリオン座の星雲

今日も135mmの望遠レンズで撮影した星空の写真を。

Dsc_00627311
オリオン座の星雲 2023/11/19  朝霧高原
Nikon D810A+SAMYANG 135mm F2.0ED UMC F4.5 150sec×11(総露出 27分30秒) ISO3200
Kenko スターリーナイト使用 EM200Temma2Z赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

冬の定番、オリオン座の星雲です。オリオン大星雲に馬頭星雲、バーナードループなどなどいろいろな星雲、ガス雲が点在している領域です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧