2017年10月14日 (土)

オリオン座 昇る

昇るオリオン座。

先々週の遠征から。無改造のデジカメに拡散系のフォルターを付けて明るい星を強調しました。

Dsc_0029324_1
Nikon D5500+AF-S NIKKOR18-35mm f/3.5-4.5G ED F4.5 60sec×4 ISO3200
Kenko PRO SOFTON(A)使用  ポラリエで自動追尾 2017/10/1 乗鞍 三本滝

木立の間からシリウスものぞいています。

ノーマルのデジカメで露出も短めなのですっきりした感じに写ります。

続きを読む "オリオン座 昇る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

季節をちょっと先取り ぎょしゃ座の星雲

ぎょしゃ座は冬の星座ということになっていますが、この時期、夜半過ぎには高く上ってきます。

そんなぎょしゃ座の星雲、星団を。

Dsc_0029a38a10_1
ぎょしゃ座の星雲、星団(IC405、410、M36、38) 2017/10/1 乗鞍 三本滝
Nikon D810A+AF-S NIKKOR70-200mm f/4G ED VR 200mm F4.5 5min×10 ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingにて自動追尾

基本、淡い星雲なので画像処理が難しく、今回も大苦戦。
それでも、けっこう広範囲に赤い星雲が薄っすらと出てくれて、自分なりにはよく頑張ったほうかと思っています。

それと  レンズの特性なのか?星の発色、特に星団の星々の色がシアン系に振れています。が、自分の画像処理技術ではどうにも修正できませんでした…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

秋の夜空

秋の星座の代表格、カシオペア座。このカシオペアとペルセウス座の境界にある、星雲、星団を天体写真では初めて使う70-200mmの望遠ズームで狙ってみました。

Dsc_0013a24a12_1
IC1805、1848と二重星団 2017/10/1 乗鞍 三本滝
Nikon D810A+AF-S NIKKOR70-200mm f/4G ED VR 200mm F4.5 5min×12 ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingにて自動追尾

ちょっと星雲も星団も画面の端に寄ってしまい窮屈な構図となってしまいました。

絞りをF4.5としているためか、四隅の星像が悪くなっていますが、全体的にはまあまあの画質ではないでしょうか。 ということで、このレンズ天体写真用としてとりあえず合格としようと思います。

今回、望遠レンズを三脚用台座を使い、プレートに固定しましたがリモートコードを使おうとすると横構図のときにプレートとコードが干渉して使えませんでした。
カメラ内部のインターバル撮影の機能を使ってどうにか撮影しましたが、この機能では露出が5分の次が10分。中間がありません。カメラの固定方法については要検討です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

冬の大三角と黄道光

こんなにちゃんと黄道光を見た(黄道光が見えた)の初めてのような気がします。

Dsc_004244a_1
Nikon D810A+AF-S NIKKOR18-35mm f/3.5-4.5G ED 18mm F4.5 5min×3 ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingで自動追尾 2017/10/1 乗鞍 三本滝

薄命が始まった後の4時50分近くから撮影をスタート。かなり東の空(画面、左下)はカブってます。が、さすがに乗鞍の空。天の川もクッキリ写ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

撮り溜めた写真を少しずつ

毎日仕事で夜遅いもので、土曜日になるとボケ~っとしてる時間ばかり…

もう少し人間らしい生活をしないと。。

5月の連休以降、自宅で撮った月や木星の写真がそのままなのでちょっとずつ画像処理を始めました。

Dsc_0024a
上弦の月 2017/6/2
μ-180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー 合成F:9.8 Nikon D810A ISO200 1/40sec
動画で撮影したデータから503fをスタック

いつもの一発撮りではなくデジカメの動画撮影モードを使って撮った画像をスタックしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

GW中に撮影した月です。

Dsc_0015a
μ180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー(合成F:9.8) Nikon D810A 1/50sec ISO200

まあまあの写り、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

乗鞍の夜空 銀塩編

GW遠征にまた話が戻りますが、久しぶりに銀塩カメラも持っていきました。

05027img001
昇るさそり座と天の川 2017/5/2 乗鞍高原
Mamiya7Ⅱ+Mamiya N65mmF4L F5.6 20min Fujichrome PROVIA400X

固定撮影でもこんなに天の川が写ります。

続きを読む "乗鞍の夜空 銀塩編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

天の川

GW遠征で撮影したものもこれで最後です。

APS-Cの改造機に35mmレンズ、フルサイズで56mm相当の画角での天の川です。

Img_0039424a_1
天の川 2017/5/2 乗鞍高原
EOS kissX6i SEO-SP4+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G ED F2.8? 2min×4 ISO1600
ポラリエで自動追尾

低空部分はかなりカブっていましたが、画像処理でなんとか修正。クローズアップで撮影した散光星雲もみな写っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

彼岸花と出目金

彼岸花と出目金、と言われても何??という感じかと思いますが、いずれもこの写真に写っている星雲の呼称です。

左側が彼岸花星雲と呼ばれるNGC6357、右が出目金星雲と呼ばれるNGC6334、よ~く見るとそんな感じに見えてくるような、こないような…

GW遠征のクローズアップ写真、最後の一枚です。

Dsc_0043486a_1
彼岸花星雲と出目金星雲 2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×6(総露出 24min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

薄明が始まってしまったため6枚しかコンポ枚数をかせげませんでした。右下部分が光害の影響かカブってはいますが、低空の対象のわりにはよく写ってくれました。
やはり乗鞍の空ならではでしょうか。

今回の遠征では南天の低いところにある対象を撮影しました。

次回はもう少し北にある対象を撮りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

天の川に浮かぶ彼岸花

天の川の中に浮かぶように点在する星雲。

今回は、さそり座の中、彼岸花星雲と呼ばれる星雲がある領域を撮影してみました。

Dsc_00294012_a_2
M6~彼岸花星雲  2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×12(総露出 48min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2にて自動追尾

画面左上の散開星団がM6。中央やや下が彼岸花星雲(NGC6357)です。

彼岸花にいちおう見えますかね。M6と彼岸花星雲の間にも赤いガスの星雲があるのですが、赤ではなくマゼンタよりの色になってしまいました。このあたりをしっかり写すにはフィルター入れないと難しいか?

天の川の濃淡、星雲の細かな部分、なかなか上手に出すのは難しいですね。

とりあえず今回のGWの画像処理はこれでおしまい。まだ2画像撮影してきていますが、それは次の週末で処理することとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧