2017年6月10日 (土)

撮り溜めた写真を少しずつ

毎日仕事で夜遅いもので、土曜日になるとボケ~っとしてる時間ばかり…

もう少し人間らしい生活をしないと。。

5月の連休以降、自宅で撮った月や木星の写真がそのままなのでちょっとずつ画像処理を始めました。

Dsc_0024a
上弦の月 2017/6/2
μ-180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー 合成F:9.8 Nikon D810A ISO200 1/40sec
動画で撮影したデータから503fをスタック

いつもの一発撮りではなくデジカメの動画撮影モードを使って撮った画像をスタックしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

GW中に撮影した月です。

Dsc_0015a
μ180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー(合成F:9.8) Nikon D810A 1/50sec ISO200

まあまあの写り、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

乗鞍の夜空 銀塩編

GW遠征にまた話が戻りますが、久しぶりに銀塩カメラも持っていきました。

05027img001
昇るさそり座と天の川 2017/5/2 乗鞍高原
Mamiya7Ⅱ+Mamiya N65mmF4L F5.6 20min Fujichrome PROVIA400X

固定撮影でもこんなに天の川が写ります。

続きを読む "乗鞍の夜空 銀塩編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

天の川

GW遠征で撮影したものもこれで最後です。

APS-Cの改造機に35mmレンズ、フルサイズで56mm相当の画角での天の川です。

Img_0039424a_1
天の川 2017/5/2 乗鞍高原
EOS kissX6i SEO-SP4+AF-S NIKKOR35mm f/1.8G ED F2.8? 2min×4 ISO1600
ポラリエで自動追尾

低空部分はかなりカブっていましたが、画像処理でなんとか修正。クローズアップで撮影した散光星雲もみな写っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

彼岸花と出目金

彼岸花と出目金、と言われても何??という感じかと思いますが、いずれもこの写真に写っている星雲の呼称です。

左側が彼岸花星雲と呼ばれるNGC6357、右が出目金星雲と呼ばれるNGC6334、よ~く見るとそんな感じに見えてくるような、こないような…

GW遠征のクローズアップ写真、最後の一枚です。

Dsc_0043486a_1
彼岸花星雲と出目金星雲 2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×6(総露出 24min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

薄明が始まってしまったため6枚しかコンポ枚数をかせげませんでした。右下部分が光害の影響かカブってはいますが、低空の対象のわりにはよく写ってくれました。
やはり乗鞍の空ならではでしょうか。

今回の遠征では南天の低いところにある対象を撮影しました。

次回はもう少し北にある対象を撮りたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

天の川に浮かぶ彼岸花

天の川の中に浮かぶように点在する星雲。

今回は、さそり座の中、彼岸花星雲と呼ばれる星雲がある領域を撮影してみました。

Dsc_00294012_a_2
M6~彼岸花星雲  2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×12(総露出 48min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2にて自動追尾

画面左上の散開星団がM6。中央やや下が彼岸花星雲(NGC6357)です。

彼岸花にいちおう見えますかね。M6と彼岸花星雲の間にも赤いガスの星雲があるのですが、赤ではなくマゼンタよりの色になってしまいました。このあたりをしっかり写すにはフィルター入れないと難しいか?

天の川の濃淡、星雲の細かな部分、なかなか上手に出すのは難しいですね。

とりあえず今回のGWの画像処理はこれでおしまい。まだ2画像撮影してきていますが、それは次の週末で処理することとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

天の川に浮かぶ星雲

今回の乗鞍遠征でメイン機材で撮影した画像をやっと一枚仕上げました。

前回の写真に引き続き、苦戦…

Dsc_00102112_1
天の川に浮かぶ星雲(M16,17) 2017/5/2 乗鞍高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A 4min×12(総露出 48min) ISO2000
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD2で自動追尾

いて座からたて座にかけての天の川の中に浮かんでいるかのような星雲、M16と17。それ以外にも赤いガス雲がいくつか写ってくれています。

もう少しコントラスト上げてもよかったかなぁ??でも、へんにギラギラ感があるのも嫌だし…等々、と今回も大苦戦でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

天の川 画像処理再トライ

昨日アップした写真を再処理してみました。

画像アップしたところ、早速アドバイスをいただいたので、元画像に戻って天の川部分の処理を少し変えてみました。

Img_0012198a_2
天の川 昇る 2017/5/2 乗鞍高原
EOS kissX6i SEO-SP4+Voigtländer COLOR SKOPAR20mmF3.5SLⅡ F3.5と5.6の中間 2min×8 ISO1600
ポラリエにて自動追尾

う~ん、昨日のより少しはマシになったのだろうか??

続きを読む "天の川 画像処理再トライ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

天の川 昇る

約1年ぶり、うまくいかないなぁ~ 画像処理。

しばらく、今回撮ってきた画像と格闘だなぁ…

Img_0012198a_1_2
天の川 昇る 2017/5/2 乗鞍高原
EOS kissX6i SEO-SP4+Voigtländer COLOR SKOPAR20mmF3.5SLⅡ F3.5と5.6の中間 2min×8 ISO1600
ポラリエにて自動追尾

天の川の濃淡はそれなり?M8、16,17あたりの赤い散光星雲が小さいながらももう少し赤く浮かび上がってくれないものだろうか??そのわりには淡いガスはよく出ているような気もするし… う~ん 難しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

スーパームーン2日前

明日、14日はスーパームーン。1年のうちで最も地球と月が接近するのをこう呼ぶのだそうです。その距離、356,737km。

その2日前の昨日、久しぶりに月を撮影してみました。

20161112_dsc_0024a_1
μ-180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー(合成F:9.8)
Nikon D810Aボディー 1/50sec ISO200

満月に近いため、ちょっとクレーターの写り、という点では見栄えがしませんが、この時期にしてはシーイングもまあまあで何とかこの程度の写真にはなりました。

近い、と言っても30万km以上、十分遠いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧