2016年11月13日 (日)

スーパームーン2日前

明日、14日はスーパームーン。1年のうちで最も地球と月が接近するのをこう呼ぶのだそうです。その距離、356,737km。

その2日前の昨日、久しぶりに月を撮影してみました。

20161112_dsc_0024a_1
μ-180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー(合成F:9.8)
Nikon D810Aボディー 1/50sec ISO200

満月に近いため、ちょっとクレーターの写り、という点では見栄えがしませんが、この時期にしてはシーイングもまあまあで何とかこの程度の写真にはなりました。

近い、と言っても30万km以上、十分遠いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

一昨日撮影した月面写真をもう一枚。

Img_0006a_1
μ-180(D:180mm f:2160mm)+PL40mm Canon PowerShot G7X(15.2mm 合成F12.3)
ISO400 1/100

久しぶりにコンデジを使ってコリメート法で撮影しました。

このコンデジ、画質いいです。が… この撮影に使ったカメラアダプターではレンズと接眼レンズが干渉してしまいある一定の焦点距離以上にできないことが判明。残念ながら月面の一部を拡大して撮影することができませんでした。

月が雲に隠れてしまわなければもう少しいろいろ試すことができたのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

遠征はあきらめましたが…

昨日、遠征はあきらめましたが、庭で1時間ほど月の撮影を行いました。

Dsc_0038a_1
μ-180(D:180mm f:2160mm)+フラットナーレデューサー(合成F:9.8) Nikon D810Aボディー
ISO400 1/60 ピクチャースタイル:モノクロ(Yフィルター)

なかなか風邪も治らずすっきりしない体調ではありましたが、庭先で約1時間、久しぶりの月面撮影です。

D810Aのライブビューは非常に見やすいのですが、シーイングがあまり良くなかったのと老眼の度が進んでいるためか、ピントを合わせるのに苦労しましたが、なんとか撮影。

1時間ほどで月は雲に隠れてしまい撮影終了。ペルセウス座流星群は見ることができなかったけど、少しは望遠鏡をイジれたのでよしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

月面

4月に撮って処理をしなきゃ、と思いつつなかなか時間がとれず放置していた写真をやっと画像処理しました。

Video0006159moza_1
月面  2016/4/15 20h58m18s~
μ-180(D:180mm f:2160mm)+IMAGING SOURCE DFK21AU618AS
動画からスタックした9コマをモザイク合成(Registax6、PhotoshopCC)

PCカメラを使って動画撮影したものをスタックし、そしてモザイク合成、という流れの処理ですが、一枚一枚を処理して… というのが非常に手間のかかる作業で、それが処理が進まなかった一因にもなっています。→要は面倒くさがり、ということです…

すごい枚数を合成して月全体の写真にしている方もいらっしゃいますが、その作業量たるや相当なものであると容易に想像がつきます。

そのうちにそういう写真にも挑戦してみたい、と思う反面、私のような人間には無理か?というあきらめの気持ちも…

とはいえ、この9コマを撮影している間にもかなりシーイングの変化が見られ、コマ数が増えるにしたがって全体を均一にするのが難しくなるのではないかと思います。

そんな困難をはたしてすべて跳ね除けられるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

土星

昨日アップした火星だけでなく、この土星も撮りっぱなしで未処理だったものです。

Video0001225337_a_1
土星 2016/5/20 22h53m37s~
μ-180(D:180mm f:2160mm)+LE24mm IMAGING SOURCE DFK21AU618AS
557fをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理、PhotoshopCCで画像処理

これまた火星同様に高度が低く、大気のゆらぎの影響をまともに受けます。

が、なんとかカッシーニの空隙が写ってくれるのは環が大きく開いているからか?でも表面の縞模様も薄っすらと出ているのでまあ、頑張ったほうでしょう。

続きを読む "土星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

今年の火星

今年は火星が地球に接近していました。5月31日が最接近ということで、何回か撮影を試みたのですが…

Video0006005515_a_1
火星  2016/5/22 0h55m15s~
μ-180(D:180mm f:2160mm)+LE24mm IMAGING SOURCE DFK21AU618AS
1079fをRegistax6でスタック、ウェーブレット処理 PhotoshopCCで画像処理

サソリ座にいるため高度が低く大気のゆらぎの影響を受けやすい、といういい訳がついつい出てしまうにしても、これしか写らないの?と自分でも思ってしまうくらい… もうちょっと写ってくれるかと思ったのですが。撮影技術、足らないですね。

そもそも5月に何日か撮影したのに今頃処理をしていること自体どうかと… 

続きを読む "今年の火星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

さそり座~いて座の天の川

GW遠征からデジタルでは最後の一枚。

Img_0039424_a_1
さそり座~いて座の天の川 2016/5/5 八千穂高原
kissX2 SEO-SP2+Voigtländer COLOR-SKOPAR28mmF2.8SLⅡ F4 ISO1600 180sec×4(総露出 12min)
ポラリエにて自動追尾 RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

我々の属する銀河系の中心方向。天の川が最も濃く見える場所です。

火星、土星が明るくさそり座のアンタレスが目立ちません。しかもゴースト?が出てしまっています。

これを無改造のカメラで撮ると…

続きを読む "さそり座~いて座の天の川"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

はくちょうからケフェウスの天の川

ポラリエを使っての星野写真。はくちょう座~ケフェウス座の天の川です。

Img_0029366_a_1
はくちょう~ケフェウスの天の川 2016/5/5  八千穂高原 
kissX2 SEO-SP2+Voigtländer COLOR-SKOPAR 28mmF2.8SLⅡ F4 180sec×6(総露出 18min)
ポラリエにて自動追尾  RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

このあたりは天の川の中に赤い散光星雲がたくさんあり、カラフルな絵になります。

右下には昨日アップした写真でクローズアップしているはくちょう座γ星があります。

構図としては、もう少しはくちょう座方向にカメラを振ったほうがよかったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

はくちょう座γ星

はくちょう座のクロスの中心、γ星の周辺の赤い散光星雲。

Dsc_0051555_a_1
はくちょう座γ星周辺の散光星雲 2016/5/5  八千穂高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A ISO1600 270sec×5(総露出 22分30秒)
EM200USD3赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingにて自動追尾
RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCで画像処理

GW遠征でメイン機材で撮影した対象3つの最後の一枚。

この領域は本当に星雲だらけ、という感じですが、天の川にどっぷり浸かっていることもあって微光星もたくさんあり、スッキリした感じに仕上げるのが難しいところです。

星雲を強調したのはいいけど、ちょっと全体的に赤が強く出すぎかなぁ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

さそり座の頭に火星

さそりの頭に乗っかっているかのような火星。強調処理のおかげで、ただでさえ明るいのがより明るくなってしまいました…

Dsc_0011a26a16_1a
アンタレス周辺の星雲、星団と火星 2016/5/5  八千穂高原
FS60CB+0.72レデューサー(255mm F4.2) Nikon D810A ISO1600 270sec×16(総露出 72min)
EM200USD赤道儀 50mm f:250mmガイド鏡+SSAG PHD Guidingにて自動追尾
RAP2、ステライメージ7、PhotoshopCCにて画像処理

地球に接近している火星。それにしても明るい… 黄色い星雲の中のアンタレスだって立派な一等星なのに。

青、赤、黄色と淡いながらもカラフルな星雲と大きな球状星団M4。淡い部分を出したくて16枚コンポジットとしてみましたが、火星の明るさばかりが目立つ画像となってしまいました。

火星を写野のすぐ外に持っていった前回は画像にゴーストが出たので火星もいっしょに撮っちゃえ!と開き直ったのですが… やっぱり外に出すべきだったかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧